社畜のはりきり朝ごはん

社畜なのにがんばって朝ごはん作るよ!ホントだよ!炊飯器でカレーとか作るんだよ!٩( 'ω' )و

アボカドトマトのアジアン風卵とじと本当の厨二病の話をしよう

…朝だ!

7:15からワンスヌーズでオールインしたので7:24調理開始で完成が7:38でした。

072418

前回のあらすじ

アボカド料理はモテメシだと気づいた社畜だったが調子に乗ってアボカドの限界に挑戦していたらヨーグルトとハチミツを混ぜた日についにあまりの青臭さに心が折れてしまった。まだ俺の青春のほうが青臭くない…などとわけのわからないことを叫び次の日こそはおいしいアボカド料理をおっかさんに食わしてやるんだと心に決めて今日もツイッターのネタを探して慣れ親しんだ街をうんたらかんたら

というわけで今日はアボカドとトマトを卵とじしてみました!

ナンプラーを隠し味にレモン汁でアジアンテイストなんですけどこれすんごいうまかったんで是非作ってみてください。

ではレシピを紹介していきます。

07241

まずはおなじみアボカドです。

前にアボカドは一番色が濃くてぶよっとしてるやつだとドヤ顔で申し上げたんですけどそれを撤回したいくらい熟れ過ぎてて触った瞬間にぐずぐずよあーた。

炒める時は少し固めでもいいかもしれませんね。

07242

一口大に切って次はトマトです!

07243

オリーブオイルをたっぷり熱したらそこにトマトを入れて下さい。



はいここです。


今朝はここで事件です。


このときトマトとアボカドは先に切ってたんですけど油を熱し始めたときに


「あ、先に卵割りほぐしておかなきゃ」


って気づいて油を強火で熱し初めてから冷蔵庫開けて卵を取り出したんですよ。


で、お茶碗に卵を割りいれて菜箸でほぐしているときにやれ牛乳を少し混ぜて、なんてことをやってたんですね。


さあトマトを入れようとした時にはもう煙もうもうですよあなた。


だけどそんなことに怖気づいてたまるか!と持ち前の中二病(末期)を武器に換気扇最大出力へいやぁっ!と回してトマトをぶちこんだら、



油が跳ねてね。



072419
参考画像:ウォータークラウン はごろもフーズとも呼びます(嘘)


思いっきり腕にびしゃっていったわけですわ。


一呼吸遅れて熱さがくるくらいには熱くて、でもちょうどそのとき厨二病の発作(末期)が起きて、


「あ、熱いッッ、だがッ、これしきのことでっ!」

みたいな変なテンションになってしまってね、気分はスターウォーズエピソード3の燃え盛るアナキン・スカイウォーカー、最近で言うとキック・アスの親父でしょうか。とにかく火傷したんですよ。


で、火傷は大したこと無かったからいいんですけど少しだけ跡がまだ残ってて、腕にシュッって赤い筋が走ってるんですけど、




それがオトコの厨二病をかきたてるのだ。



そう!


そうです!


基本的にオトコは「傷跡」、が大好きなんですよ。

072410
(C)和月伸宏集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

そうなんです。

傷跡に隠されているのは、

ミステリアスな過去!人に言えないオトコ気!戦った証!誰かを守った証!

傷跡を見るだけで中二病の発作が出てしまう人も少なくないのではないでしょうか。ぼくはそうだ。


では傷跡バージンのそんなあなたも今日からきちんと男子の傷フェチを理解するために傷キャラのおさらいしてみましょうね。よかったね。


傷フェチ初級:マンガ『ワンピース』より、ゾロ

07248

いやあ、いいですねー。

剣道をやっている人が遠近感を失ったら致命的なのではないかとかヤボなことをイってはイケません。これにもきっとなにか深い理由があるのです。そういうの妄想したらいいんじゃない?

傷フェチ中級:ストリートファイター2より、サガット

07249
どっちの目に眼帯しとんねん。そういうのちゃんとして!

この傷跡を見て育った同世代の方も多いのではないでしょうか。

この傷跡、実はリュウ昇竜拳でできた傷なんですけどそういう裏設定を知って中二病がびくんびくんしていた時期もありましたよね。ありましたよね?ありましたよね!あったはずです!ちゃんと調べてちょうだい!


傷フェチ上級:ドラゴンボールZより、ヤムチャ

07247
思えばこの頃はまだドヤ顔という概念はありませんでした。

見て下さいこの、これみよがしな傷跡!

いいですねー!だってこれ、特に意味無いんですよ!\(^o^)/

傷跡があると強い、みたいな定説を覆す、普通の傷には興奮しなくなった、一周した傷フェチにはたまらない一品です。

072411
弱いぞヤムチャ


さ、傷跡フェチのことがよくわかってきたかな?





で、実はね。こういうの見てるとぼくは自分の右腕下腕にシュッって走った傷跡がうずくんだぜ!。



へへへっ!この傷のことを聞きてえか?



仕方ねえな。他のみんなには言うなよ?怖がられっと、いけねえからよ。


忘れもしねぇ、それは数年前のある夏の夜のことやった。


その日暑かった俺はワイシャツの腕をまくっていた。


まくり過ぎて肩が全部露出するぐらいまくってたかな。



だってよ、袖をまくっちょくとだいぶかっけえかいよ。


でよ、こういうの運命のいたずら?っていうんだろうな?すげえイケてる大変おきれいなちゃんねーおなごさんの前で、おらあ石焼ビビンバを取り分ける役を買ってでたんだよ。



ああいうのをやるとよ、モテっからよ。


そんなに驚くんじゃねえよ。俺にとっちゃあ、まあ、普通のことや。



綺麗なレディには豆板醤の一滴もこぼさせやしねえよ。(`・ω・´)キリッ



まあな、楽な仕事じゃねえ。



ビビンバはじゅうじゅういっとるし、石は熱いし、ちょうどそのとき抗争中のやつらが大勢で殴りかかってきてたし、取り皿はテーブルの向こうにあるし、なんか頼まなくても取れそうなとこにあったし、取り皿取ってって頼むのもなんかねえと思ったし、抗争中のやつらは鉄パイピで何度も何度も俺の脇腹を殴りつけるしよ。



で、おらぁ腹をくくったね。


そうだよ。



そのまさかだよ。




おい、泣くんじゃねえよ。まだなんにも話してねえだろうが。



そうさ。



俺は自分で取り皿を取りに行ったんだよ。


漢…だからな。



もちろん邪魔が入ってな。



左手を伸ばして取り皿を取ろうとしたとき俺の右腕が石焼ビビンバの石のところとごっつんこしたんだよな…。



おい、だから泣くなって!もう終わった話だかんよ…。



今思い返しても熱かった。



後で見たら水膨れになってやがったよ…。



「あ、もしもしー?うん、こちら、火傷やけど?」

ズコー

「うん、焼けども焼けども石焼けどビビンバ火傷やけども。」

ズコー



あぁ?石焼ビビンバ?








もちろん完璧に取り分けてやったさ!



一粒も残らず分けてやった!


ぴったり均等にな!


誰にも文句は、
言 わ せ ね え よっ!!!


今でもおなごの俺を見る目が忘れられねえぜ?



あぁ、あらぁ完全に漏れにホの字だったな。



だってそりゃあそうだろ?向かいの席で火傷を負ってまで完璧に石焼ビビンバを取り分けたんだからよ!


抱いて欲しいって言ってるのが聞こえてくるような目だったぜ?


あと、なんか、ティッシュとかを見る目と同じだったぜ?


あ?火傷のこと?もちろん言ってねえよ。なんかほら、だって、言い出しづらかったし、ほら。氷で冷やしたらだいじょうぶかなておもったし…。ねぇ。



この話はこれで終わりだよ。



いいか、誰にも言うんじゃねえぞ。昔の武勇伝だよ、へへへっ!


あぁ?なに?傷跡見たいって???


おいおい、人前だぜ??


仕方ねえな。ちょっとだけな。













0724178



さ、そのおしるこ食ったらもう行こうぜ!


今年もよ!




夏が来たんだ!\(^o^)/