社畜のはりきり朝ごはん

社畜なのにがんばって朝ごはん作るよ!ホントだよ!炊飯器でカレーとか作るんだよ!٩( 'ω' )و

【香港マカオ爆食旅行記】作ってあげたいマカオご飯

旅先の大いなる楽しみ。



それはご飯!!

h08
よくわからない貝だのキノコだのハムだのが入っています

偉大なフランスの数学者、エヴァリスト・ガロアは二十歳のときに決闘で負傷しその場に放置されてしまい、数時間後にようやく病院に運ばれました。ガロアが牧師の立会いを拒否した後しばらくして弟アルフレッドが病院に駆けつけます。助からない兄の姿に弟の涙ぐむ姿をみて、ガロアはこう言ったそうです。


「旅先ではカロリーを気にするな」

h06
なんだろう?ジャージャー麺


この話は大嘘ですが、(本当は、泣かないでくれ。二十歳で死ぬのには、ありったけの勇気が要るのだから。)未だにこの言葉はぼくの信条でもあり旅行が始まった瞬間からその日は何を食べるか、ぼくは真剣に頭を悩ませることになります。


ぼくはおいしいご飯を食べに生まれてきたといってもさすがにそれは過言ですがたぶん9割くらいはそうです。


あなたはどうですか?

h07
麺についてきた。混ぜると突然辛くなり絶品になります


で、マカオで何を食べるか、と考えた時に思い当たったのはこちら!


h37
子牛のステーキ・ミディアム・レア。柔らかすぎてこっちが心配になった


そうなんです。マカオはかつてポルトガル領であったことからポルトガル料理がおいしいんですって!不思議!


例えばこれ。

h62


このコロニアルな植民地的装い!なんとこれ当時敷き詰められた石畳が世界遺産になってるんですね!




なんと東京世田谷区のなんと半分程度のなんと広さになんと22の歴史的建造物となんと8つの広場がなんと世界遺産になんと!





なんと!







選ばれすぎ!\(^o^)/




お散歩感覚で世界遺産が回れてしまう、不思議な土地なのです。



で、そんなことはホントにどうでもよくて、ご飯です。


h01
燃えてるんだぜ

はいこれ血詰のソーセージ!


陶器の器に得体の知れない液体が注がれて目の前で着火!


h02
みるみるうちにパリパリに


で、これを切り分けるとこんな感じ。


h04
中には豚肉っぽい肉が入ってるんだぜ!


味はかなりしょっぱくてビールにとっても合います。


昼間っから青島ビールを空けてサングリアを片手に血のソーセージにかぶりつくという幸せ!


うまい!取り合い!


で、メインはこれ!

h05

出たー!


クラブ・カレー!


パクチーやらオリーブやらが浮いているイエローカレーにどっしりと鎮座する巨大なカニ様!



あんた、大好き!



カニは既に大雑把に割られているんですが薄いビニールの手袋(両手)とカニ割りペンチを手渡されての食事です。


これがまたたっぷりと身が詰まっててぷりんぷりんよあんた、ぷりんっぷりんっ!


思わずサングリアのおかわりをして完食です。また会おうな。カニ。


というわけでガイドブックで見つけたESCADEでした。



テーブルクロスが布かとおもいきや画用紙だったところにマカオらしさを感じたぜ!



ちなみに


ここはマカオでもかなりツーリスト価格でカニだけで350香港ドル(=3,500円)しました!


でも、ガロアが言うように旅先ではカロリーと、食いたいもの我慢しちゃダメだと思うの。




だって、


やがていのちにかわるもの!




ミツカン!\(^o^)/