社畜のはりきり朝ごはん

社畜なのにがんばって朝ごはん作るよ!ホントだよ!炊飯器でカレーとか作るんだよ!٩( 'ω' )و

【北の国から】炊飯器を買いました

炊飯器!

わざわざアメリカまで来て炊飯のことしか考えてないんじゃないかと言われるともごもごするしかないくらい炊飯の話をしています(元)社畜です1億2千万人の読者様こんにちわ(∪ ´ω` )


さて、もはやご飯を炊くことがゴールになってきている私のブログですがついに私気づいてしまいました。


ねえ、炊飯器買えばいいんじゃない?


そうです。何で今までこれに気づかなかったのか、心の底から蹴りたい背中。全く、何のためにエジソンが電球を発明したと思ってるんでしょう。ちなみに電気でご飯を炊くようになった歴史は意外に浅く、一般には1955年に東芝が自動式電気釜を製品化したのがターニングポイントだとされています。実際には1937年には旧日本陸軍が炊飯櫃という名の木の箱に電極を取り付けるという、米をひたすら感電させて炊くような原始的な電気炊飯器を携帯していたそうですがこれどう考えても炊飯中に手を突っ込んだら死ねますよね。やだ怖い。で、話を元に戻すと炊飯器界では本当に、本当に本当にマニアックな戦いが繰り広げられ、自動タイマー、保温機能と、現在の炊飯器に欠かせない機能が次々に開発されて行きました。年間の外気温の寒暖差が激しいために米が生煮えになっていた問題は釜と鍋を別々にするという天才が解決しています。まあそれでも電気炊飯器は便利ではあったんですが火力が低いことでふっくらと炊き上りませんでガスにはかなわないと言われていたんですがそれもついに、「IH(電磁誘導加熱式)炊飯ジャー」の登場によって一変しました。それまではヒーターでお釜を加熱していたのでこたつの中を上下逆さまにひっくり返したような感じだったんですけどIHではすごい電流をコイルに流してすごい磁力線がすごい金属にあたるのでババーンとお釜自体が熱くなるというマジで超すごいんですよね。革命や。で、2011年の炊飯器シェアは

象印マホービン 22.1%
タイガー魔法瓶 16.9%
パナソニック 15.4%

ということでそんな象印の炊飯器の技術をつぶさに見てみるとお米の吸水のタイミングではなんとプラチナナノ粒子を使った水質アルカリ化によるたんぱく質分解をしてるそうだからマジで超すごいですよね。「えー、あたし、プラチナナノ粒子を使った水質アルカリ化によるたんぱく質分解してないご飯とかまずくて食べらんない」とか言われたらまず間違いなく漏れる。ちょっと何を話してるか分かんなくなってきました。マジで超うまみドーム蒸気口。



で、ウォルマートにやってきてみたわけです。


最初からそうすれば良かったのに。

0421222
でかいぜ!


で、たどり着いたのがこちら。

0421312


はい、わかりましたでしょうか。ちょっとたぶん日頃このブログを読み流して下さってる訓練されたみなさんは気づかなかったと思うのでもう一回だけ見せますね。

04211


お分かり頂けたであろうか。




炊飯器安くない?


びっくりした。まさか1500円でおつりがくる炊飯器が売ってるなんて。ドライヤーかお前は。



03276


で、こちらお買い上げです。18万9千円くらいかと思ってたんですけどよく見たら$21でした。18万7千円おつりがきたわ。

043444
直感的にわかるシンプルなインターフェースを採用


032712
価格の安さに見合わぬ圧倒的な存在感

せっかくなので吸水時にプラチナナノ粒子を使った水質アルカリ化によるたんぱく質分解をしているかどうか店員に確認してみたんですが(Are you platinum and protein water?)トイレの方向を指差して教えてくれたのできっと大丈夫でしょう。


早速明日から炊飯器生活始めたいと思いますので、楽しみにしててくださいね!





☆ホントのあたし、デビュー!☆





あー嬉しい(*´∀`*)