社畜のはりきり朝ごはん

社畜なのにがんばって朝ごはん作るよ!ホントだよ!炊飯器でカレーとか作るんだよ!٩( 'ω' )و

【北の国から】春、それは出会いの季節

春ですね。



そこらじゅうに残っていた雪が消えて芝生が露にぬれて光っていて。



日差しは柔らかくて風はほんの少しだけ夏の香りがして。



小さなリスがときどき何かを探して木の根っこに丸まっていて。



上着を一枚脱いでふんわり軽やかな学生が歩き始めたらもうそれは春なのです。




そして春は、




出会いの季節だったんだということを僕は自覚するのです。

05111

Slow Cooker.


正直なところ彼女との出会いがどんなものだったか詳しくは覚えていなくて、とにかく眩しいメタリックなボディのおかげで最初はちょっととっつきにくい人なのかな、と少し遠巻きに見ていたように思います。



でもそんな見た目とは裏腹に、彼女はとても誠実に我慢強く何時間でも食材を暖め続けるのを本当に得意としていました。



LOWならずっといつまでも暖かくて、



MIDなら野菜に火が通って、



HIのときには肉だって優しく火を通していました。






―そうか…―






―お前が米国の炊飯器だったのか(*´Д`)―




陶器でできた深いホットプレート、と言えばわかりが良いかもしれませんがそれこそ私が長年に渡って求めていた革命、いや、レヴォリューション、まさにファンタジスタだったのです。




05112


彼女は米国の家庭では一般的らしく、他に「Crock Pot」なんていう名前でご家庭に一台は置いてあるみたいです。



あるときにはカレーライスを温めて、



あるときにはチリソースを生から全部調理しきって、



忙しいアメリケーヌの主婦たちが家を出る前に材料を全部放り込んでスイッチポンすると家に帰ってあったかいシチューにありつける、とこういうわけなんですね。




え、それって最高じゃん、ヌ・ダルク

051112
1412-1431 短い生涯であった。彼女はハタチにすらなれなかったのだ


で、ebayに参りまして購入しましたお値段なんと26ドル、やすっ!



そして開けてびっくり驚愕の取扱説明書。


05113


お手軽か!



5番のイラストいらんくないか!



すごいですね。本当に優れたものとはいつだってシンプルなのだ。



これからどんなおいしい料理をいっしょに作ることになるのか、本当に楽しみで夜も眠れない社畜でした星



さて、次回の星社畜のはりきり朝ごはん星は、『重くて持って帰れない』です。




楽しみに待っててね(ノ´∀`*)




これだから計画性の無い人は!!!