社畜のはりきり朝ごはん

社畜なのにがんばって朝ごはん作るよ!ホントだよ!炊飯器でカレーとか作るんだよ!٩( 'ω' )و

キノコ、洗っちゃダメー!

今日完全に寝坊して朝ごはんについて書くことが無いからキノコについてすっごくしゃべりたい気分でね、だいたいいつも月曜日と火曜日は「シェフの目、魚より死んでる」と言われがちなんですけど、キノコのことを考えるだけで辛い一日も耐えていけるっていうくらいにはきのこが今、アツい!

もしかしたらみなさんもキノコに関しては間違えった下ごしらえをしているかも知れません!ので今日はそれを覚えて帰りましょー!ひゅー!


1306251
これは映画、マトリックスのワンシーン、ネオがモーフィアスからエリンギを受け取るシーンより


はい、というわけで今日お伝えしたいことはたったこれだけ!


キノコは洗わない!!


これ何かって言うとね、


キノコの主要な旨味成分はグアニル酸、っていうんですけど、これは非常に水に溶けやすい旨味成分で、逆に言うとこれがキノコからたくさんダシが出るとも言われる所以だったりもするんですけど、あ、ちなみに三大旨味成分というと昆布のダシから発見されたグルタミン酸かつお節のダシから発見されたイノシン酸、そしてこのキノコのグアニル酸、と3つが言われていましてね、あ、今旨味、って言ったんですけど近年ついに旨味がUMAMIとして味覚の受容体が公式に発見されたんですって!それまでは旨味なんてあるのかないのかようわからんってんでね、2000年に舌の味蕾にある感覚細胞にグルタミン酸受容体(mGluR4)が発見されたってんで脚光を浴び始めたんですけどそれまでは日本の学者の主張するうま味の存在は、多くの欧米の学者には懐疑的に受け止められ、うま味なるものは塩味・甘味などがほどよく調和した味覚に過ぎないと考えられたってんだからほーんともうウィキペディア


というわけで、なんとキノコを洗ってしまうと水溶性のグアニル酸が溶け出ちゃうし、後菌糸と菌糸の間に水が入り込んでぶよぶよしちゃうからそのまま使って下さい!


しかも雪国マイタケさんのホームページに依りますとキノコってほら、菌だからすんごい無菌状態で栽培してて屋内で作ってるから完全無農薬だし泥も付きません。泥みたいにみえるのはキノコを栽培するときに使ったオガクズなんだそうで、それは切って取り除いちゃいましょうね。


ちなみにマイタケで思い出したんですけどマイタケって昔は人工栽培ができなくてね、味は美味しいし、実はマツタケより希少みたいな存在だったそうです。それが、「原木を滅菌すると人工栽培できる」とわかったのが1970年台以降、ということでまだ一般家庭でマイタケを食べるようになったのはそんなに歴史が深いわけではないんですね。


ぼくらは、みんな、マイタケ初心者さ。


そんなマイタケなんですけどマイタケプロテアーゼというすげえタンパク質分解酵素を多く含むのでなんと茶碗蒸しにそのまま入れると茶碗蒸しが固まらなくなるくらいタンパク質分解酵素分解酵素してるんだそうです。だから茶碗蒸しに使うときにはこの酵素をまず熱で効力無くさせてから使わなくちゃならないってんだから驚きですよね。逆に言えば肉を調理するときにこのマイタケを細かく刻んだものをまぶすと固い肉も柔らかくなって旨味も増すっていうからほーんとウィキペディア


なんの話だったっけ。


そうそう、だから、今日お伝えしたかったことはたったこれだけ!


マイタケ、大好き!(*´ω`*)


明日はちゃんと起きようねー!ヽ(´ー`)ノ!